シミの消し方

シミを消す方法

シミの原因

シミの種類

シミ対策

シミの予防

美白化粧品

サプリメント

シミの原因〜女性ホルモンの乱れ〜

紫外線を浴びやすい頬と目の周辺
紫外線をたくさん浴びますと、メラニン色素が肌に残ってしまい、シミができることは多くの方がご存知のことと思います。

ということは、常に外気に晒されているのは顔ですが、その中でも紫外線を特に浴びやすい頬や目の周辺はシミが出来やすい部分ということになるわけです。


また、シミのできる原因は紫外線だけではありません。女性ホルモンも大きく関わってまいります。

排卵日からおよそ2週間というのは、次の生理が来るまではメラニン色素が出来やすい体質になっていますので、当然シミも出来やすい環境ということになります。

さらには、女性ホルモンのバランスが乱れた時もシミが出来やすいとされています。

ところで女性ホルモンって、現代の女性は昔の女性に比べると分泌量が減っているそうですよ。それだけ今の女性の方がシミが出来やすいわけですから、尚更気をつける必要があると思います。


女性ホルモンの乱れでターンオーバーが遅れる
さて、紫外線をたくさん浴びるとシミが出来てしまうわけですが、それでも若い時はシミになりません。

子供が太陽の下で遊んでもシミなどできませんからね。ただ、将来的なダメージは負ってしまうわけですけど・・・。

若い時というのは、新陳代謝が活発なので日焼けしてもシミとして残らないわけです。


肌にはターンオーバーという新陳代謝作用があります。ところが、女性ホルモンのバランスに乱れが生じたり、大きなストレスを受けたりいますと、ターンオーバーが遅れてメラニン色素が残りシミになってしまいます

ちなみにターンオーバーの流れというのは、基底細胞が角質層に徐々に移行していき、やがて皮膚表面から剥がれるというサイクルです。


※関連記事
>>シミの原因〜紫外線〜<<



TOP PAGE