シミの消し方

シミを消す方法

シミの原因

シミの種類

シミ対策

シミの予防

美白化粧品

サプリメント

シミの種類〜雀卵斑と肝斑

雀卵斑(じゃくらんはん)
シミには種類があることを皆さんはご存知ででしょうか?つい簡単に「シミ」の一言で片づけてしまうような気もするのですが・・・。

そのようなことからここでは、シミの種類についてお伝えしてまいりたいと思います。


ところで「そばかす」のことなら、きっと多くの方が知識としてお持ちではないかと思いますが、この「そばかす」もシミの一種なんですよ。

正式な名称としましては「雀卵斑(じゃくらんはん)」と呼ばれております。


そばかすこと「雀卵斑」は、鼻を中心としてその周辺や頬の辺りにできる小さな斑点のことですが、これは遺伝的要素が強いとされているんですよね。

遺伝ということなので、おおよそ10才くらいから現れ始めますが、このような「雀卵斑」を消すためにはレーザー治療を行う必要があります。


肝斑(かんぱん)
近頃頻繁にCMで聞く機会の多い「肝斑(かんぱん)」ですが、これもシミの一種です。「肝斑」の特徴は、頬や鼻、あるいは額の左右対称に出来るシミで多くの場合、30歳代から40歳代の女性に見られるということです。

さらに暗示的なのは、妊娠中やピルを服用しているときに出来やすいことではないでしょうか。そんなこともあって、女性ホルモンがこのシミに影響していると考えられております。


女性ホルモンと言えば、女性らしさを保つためには必要不可欠のものなんですけどね。

そばかすとは異なりまして肝斑は、レーザー治療を施しますとシミを悪化させてしまう危険性がありますので注意しなければなりません。


※関連記事
>>シミの種類〜老人性色素班と炎症性色素沈着<<



TOP PAGE