シミの消し方

シミを消す方法

シミの原因

シミの種類

シミ対策

シミの予防

美白化粧品

サプリメント

シミの種類〜老人性色素班と炎症性色素沈着

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
シミの最も大きな原因と言いますと、これはもう皆さんもご存知の通りかと思いますが、あのお肌の天敵の紫外線です。

太陽光の中で、紫色よりも波長が短い光の紫外線を長い時間、浴びてしまうと炎症や色素沈着、シミ、シワ、免疫力の低下というような色々な害を及ぼします。


そんな紫外線によって出来てしまうシミが「老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)」というものです。

青春真只中の若いころ、多くの人が海や山、そしてスポーツを楽しむのは当然のこと。そんなことで日焼けをたくさんいていた人ほど、この「老人性色素斑」というシミが出来やすくなってしまいます


老人性色素斑は他の種類のシミとはことなりまして、シミの境目がハッキリしていて、色も全体的に均一で濃くなっています。

このシミは、年齢的には30歳代後半から40歳代以降の方に多く見られます。


炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)
老人性色素斑とは反対に、年齢問わずに現れてしまうシミに「炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)」というものがあります。

炎症性色素沈着は、にきびや炎症などを起こした後にできてしまうシミです。このシミも、紫外線を長時間浴びてしまうと濃くなりますので、若いから大丈夫などと安易に考えないで若い方も注意ししましょうね。


「シミが出来てもいいや」などという方は、女性に限らず男性にもいないと思いますが、シミなどは絶対に作りたくないという方は、紫外線対策を怠ってはいけません。

いつまでも美しいお肌でありたいものです。


※関連記事
シミの種類〜雀卵斑と肝斑



TOP PAGE