シミの消し方

シミを消す方法

シミの原因

シミの種類

シミ対策

シミの予防

美白化粧品

サプリメント

美白と紫外線の関係

美白の一番の敵は紫外線
女性に限らないかもしれませんが、やはり美白はいつまでも保ちたいものですよね。そんな美白の一番の敵は紫外線です。

これはもう女性であればどなたでもご存知のことだと思います。

今の時代、小麦色に日焼けした肌を自慢にする女性はあまりいらっしゃらないでしょう。


紫外線が肌に悪影響を与えることは、皆さん認識していると思うのですが、それでは具体的に紫外線を浴びるとどのような現象がおきるのでしょうか?

今回は、紫外線が美白と言いますか肌に与える影響について取り上げてみたいと思います。


UVAとUVB
紫外線というのは、長波長紫外線のUVAと中波長紫外線のUVBという2種類存在しています。

長波長紫外線のUVAは、本来お肌にハリを提供してくれているはずのコラーゲンやエラスチンに対してダメージを及ぼして、シワやたるみの原因となってしまうわけであります。

一方、中波長紫外線のUVBは、肌の表面に悪影響を及ぼしてシミの原因になってしまいます。もし日焼けをしたいということであれば、サンスクリーンを利用して中波長紫外線のUVBを防いだ方が良いでしょう。


紫外線は美白に関する影響に留まらず、皮膚癌の可能性を高めてしまったり、肌の老化まで促進してしまうことになります。

話は少しばかりずれますが、紫外線は幼少より浴びる量が多いほど皮膚癌の発症の確率が高くなります。したがいまして、紫外線対策は成人してからするものではなく、赤ちゃんのころからしっかりとUV対策を行うべきなんですね。


※こちらに続きます。
>>>日焼け止めとSPF



TOP PAGE