シミの消し方

シミを消す方法

シミの原因

シミの種類

シミ対策

シミの予防

美白化粧品

サプリメント

日焼け止めとSPF

※「美白と紫外線の関係」からの続きです。

曇でも危険な紫外線
紫外線は美白の大敵であると同時に老化を早めてしまうことから、女性にとって到底見過ごすことのできない存在であると言ってよいと思います。

そんな女性の外敵である紫外線ですが、これが肌に降り注がれる事態を回避するためにはどうしたらよいのでしょうか?

最も簡単でしかも効果のある方法としましては、漏出している肌に日焼け止めを塗ることなんですね。また、「今日は曇りだから大丈夫」などと安心してはいけません。


例え曇りであろうが雨ふりであろうが、紫外線は降り続いているわけであります。天気が悪いからといって紫外線対策を怠らないようにしましょう。

一日の中で、紫外線のタイムスケジュールを見てみますと、もっとも紫外線が強い時間帯は10時から14時にかけです。

したがいましてこの時間帯は、特に紫外線対策をしっかりと行うべきだと思います。


SPFの数値
ところで日焼け止めの容器は見たことがありますよね。その容器にはSPFという数値が記されております。SPFは数値が高いほど肌への負担が大きくなってしまいます。

美白狙いで高い数値の日焼け止めを選択したら、逆効果となってしまう可能性もあります。日常生活のおいて使用する日焼け止めということであれば、SPF15〜20程度のもので充分な効果を期待できるでしょう

※SPFとは、Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略です。日本語では紫外線防御指数と呼ばれておおります。



TOP PAGE